TOPICS特集コンテンツ

SUPER GTスーパーGT

2018.05.25

SUPER GT Rd,3 SUZUKA ARTA NSX-GT POLE TO WIN !

イメージ画像快晴に恵まれた鈴鹿サーキット、40分ディレイになりスタートも遅れた。

スタートドライバーは伊沢拓也選手。
序盤から後続との差を出来るだけ広げる事を目標にしていたが、上手くスタートを決め言葉通り1周目から後続車との差を広げていく。

24周目にピットインし、野尻智紀に交代する。
ピット作業はミスなく、タイヤを暖めながら最初からプッシュしていく。
29周目には全ての車両がピットインを終え、トップに返り咲いた。

そこからペースを上げてきた100号車と激しいデッドヒートを繰り広げていく。
ペースはほぼ同じだが、バックマーカーの処理が勝負の鍵になっていく。
野尻は慎重にバックマーカーを処理して順位をキープし、そのままトップでチェッカーを受け今季初優勝を飾った。

前回の富士でのGT300クラスのポールトゥウィンから続く、GT500クラスでのポールトゥウィン!チームランキングは4位に浮上した。

EQUIP MENT : WORK SPECIAL FORGED WHEEL

  • ギャラリー0
  • ギャラリー1
  • ギャラリー2
  • ギャラリー3
  • ギャラリー4
  • ギャラリー5
  • ギャラリー6
  • ギャラリー7
  • ギャラリー8
  • ギャラリー9
  • ギャラリー10

GO TOP