OPTION

GALLERY

DESIGN

FEATURE

COLOR

SPEC

WFT

TAPER

WORK EMOTIONの血統再び 。

FEATURE

WORK Strongest D.N.A.

1999年に誕生したWORKEMOTION。その年の全日本GT選手権シリーズに参戦した「チーム・テイボン・ラリーアート」

に装着されたフル鍛造マグネシウムのRACE PROTO TYPE(開発ナンバーES-990111)を市販化させたのがWORKEMOTION。3年後にWORKEMOTION CR Kaiとして受け継がれ、2011年ワーク渾身のテクノロジーで再び蘇るWORKEMOTION CR Kiwami。究極進化した10本スポーク1ピースモデル。

品質マネジメントシステムの徹底

ワークでは、お客様の満足を第一に考え、より良い品質の製品を創造しつづけるため、2003年12月にISO 9001を取得。品質マネジメントシステムを基本に有効性の継続的改善を実施すると共に、法規制の要求に適合した製品を提供することで、顧客満足度の向上をめざしています。今後さらに、製造全体の質を高め、高品質な製品を提供してまいります。

DESIGN

WORKEMOTION CR Kiwami Design Point.

スポーク先端部をオーバーフランジ形状へ進化。スポーク股部を中心方向に伸ばしセンターサークルの最適化をおこない、更に可能な限り小径化・薄肉化したことにより軽量化にも成功。バルブ取り付け面を極限まで薄くし、開口部の拡大化へ。

 

デザイン最適化による軽量化

ディスクカラーはアッシュドチタン、マットブラック、ホワイト、グリミットシルバーの4色とオプション設定でカラリズム、キャンディカラーなど様々なボディカラーの車に似合ったカラーのホイールをセレクトすることが可能。17インチ以上のサイズにはWFT(WORK FLOWFORMING TECHNOLOGY)を採用し軽量に仕上げることで、スポーツホイールに必要な軽量かつ高剛性を実現。

 

標準色以外にもカラリズムキャンディカラーを選択可能。

カラーバリエーションとWFT製法

センターに鎮座するセンターオーキャップはシンプルながら高級感溢れる秀逸なデザインに刷新。

 

センターキャップバリエーションはオプション設定。シルバー/ブラック/レッド/ブルーの4色設定。FLAT/HIGH 2形状の組み合わせの中から選択可能。更にFLATタイプ専用でレッドリングやWブラックエンブレムのセンターキャップも追加されました。

センターデザインの刷新

スポーク角部加工と品質

スポーク股部を更に肉抜きする事で剛性を保ちながら、軽量化を実現。機能美を纏ったデザイン性を付加。更にスポーク角部を逆アール形状とする事で、品質を保持しながらスポーク全体にシャープさを与えている。

 

【VIA】品質検査合格マークであり、JWL・JWL-T基準が定める安全レベルに達しているかどうかを、第三者的公的機関である、 自動車用軽合金ホイール試験協議会が確認した上で刻印されています。

 

【JWL】JAPAN LIGHT ALLOY WHEEL の略。 JWLのロゴが刻印されているホイールは乗用車用の軽合金製ディスクホイールの安全基準に達していることを示す。安全基準には疲労試験、耐久試験、衝撃試験などがあり、各ホイールメーカー自らの責任においてテストを実施しています。

インナーリムの大口径化によりビッグキャリパー・ビッグローター装着車にも対応。デザインの見直しと新技術導入により、CR Kai重量より18インチ比較で約1kgの軽量化に成功。

 

 

インナーリムの大口径化と重量

WORK EMOTION CR Kai (2014年生産終了)

15/16inchは4H-100で専用設計することでセンターパッケージを極限までシェイプし“足長感を損なわないメインサイズからのスケールダウン”に成功。17/18/19inchは特殊P.C.D.対応可。

ナットホールの間の“エアスクープ”は放熱性をアシストするだけではなく、奇数のスポーク本数と偶数の4ホールデザインとのバランスを考慮した構造となっている。

4H-100 に対応

COLOR

多彩なカラーバリエーションを展開

標準色

ASH-TITANIUM
アッシュドチタン(AHG)

ブロンズに近いカラー。

スポーツカーに相応しいカラーとなっている。
※センターキャップはオプション

GRIM SILVER
グリミットシルバー(GTS)

淡い輝きのシルバー。落ち着きのあるカラーのためどんな色の車両にもマッチします。

MAT BLACK
マットブラック(MBL)

より重厚感を演出するマットブラックカラー。

WHITE
ホワイト(WHT)

ホワイトは他の色よりも目立ちやすい為、原色系の車両にとてもマッチします。

カラリズム

CASSIS HAZE
カシスヘイズ(CHP)

ENERGY MINT
エナジーミント(EMB)

ENERGY LIME GREEN
エナジーライムグリーン(ELG)

MANDARIN ALERT
マンダリンアラート(MAO)

HORNET YELLOW
ホーネットイエロー(UY)

※画像はWORKEMOTION ZR10です。

カラリズムクリア

CANDY RED
キャンディレッド(CAR)

CANDY BLUE
キャンディブルー(CAB)

※画像はWORKEMOTION ZR10です。

紅-kurenai-

KURENAI
紅(BRM)

アステリズム

ASTERISM RED
アステリズムレッド(ARR)

ASTERISM BLACK
アステリズムブラック(ARK)

※画像はWORKEMOTION T7R2P

※画像はWORKEMOTION CR 2P

WFT

WORK FLOWFORMING TECHNOLOGY
鍛造に迫るメタルフローを実現した、世界最高峰の技術力

ワークフローフォーミングテクノロジー

WORK FLOWFORMING TECHNOLOGY

WORKEMOTION CR kiwamiを筆頭にインナーリム部の成型は、鋳造完了した素材のリム部分に「圧力」をかけながら伸ばして成型するフローフォーミング製法を採用。 この製法で、より鍛えられたアルミのマクロ組織が微細化することでしなやかさが増し、 さらにリム部板厚の薄肉化による軽量化がプラスされることで鍛造に迫るメタルフローの実現に成功。 インナーリムに要求される「引っ張り強度」や「粘り強さ」を飛躍的に高めている。 同時に、アウターリム部も耐衝撃性に優れた設計にすることで従来の鋳造ホイールの性能を大きく飛躍させている。

TAPER

デザインと軽量化の両立を実現させたテーパー形状

特徴

デザイン面中心部から外周部に向かって飛び出して行くような迫力あるデザインが表現可能。

 

メリット

テーパーデザインはデザイン面センターから外周部への距離が取れる為に、デザイン面が大きく表現出来る。幅広サイズでマイナスインセット程有効であり、同サイズをセミテーパーで製造するよりセンターハブ高さを低く設計出来るため、駄肉を無くして軽量化が可能。

 

デメリット

プラス側のインセットが確保できない。

OPTION

多彩なオプションでより個性的に。

もっと自分なりの個性をプラスしたい、もっとオリジナリティを主張したい。そんなユーザーの声を受けて、ワークでは数多くのオプションアイテムを設定しています。エアバルブやセンターキャップ、ナットやステッカーなど。

こうしたディテールに配慮したアクセサリー選びが、更にドレスアップの深みを増してくれます。

※お買い求めは最寄りのWORK製品取扱店舗にご相談ください。

SPEC

価格・仕様等はWEBカタログをご覧ください。

GALLERY