MAINTENANCEメンテナンス情報

2016.06.14メンテナンス情報

アルマイト処理されたリムの取扱いについて

イメージ画像

アルマイト処理されたリムの取扱いについて

アルマイト処理されたホイールはアルカリ系洗剤及びワックスを使用すると変色やシミ、クスミなどが発生しますので使用しないでください。

必ず定期的な水洗いをおすすめします。 (走行後のホイールは熱くなっていますので十分に温度が下がってから)

また、ブラシ系での洗車は傷の原因になりますので、ブラシは使わず柔らかいタオルなどで行ってください。

洗剤を使用する場合は必ず"中性"洗剤を使用し、水道水で十分に洗い流してください。絶対にアルカリ電解液(アルカリイオン水)は使用しないでください。アルカリ電解液(アルカリイオン水)を使用してホイールを洗った場合、腐食・変色します。

イメージ画像アルカリ電解液を使用して洗った場合、このようにシミや変色が発生します。

「シミ」「クスミ」「白っぽくなった」などの腐食や変色が発生した場合

考えられる原因としては、

・アルカリ性の市販ホイールクリーナーや洗浄剤等が付着した後、水洗いを十分に行なわずに放置していた場合。
・アルカリ系の異物が市街地走行などにより付着してしまった場合。
・タイヤワックスが付着した場合。
・凍結防止剤等がまかれた道路を走行し、水洗いをしなかった場合。

などが考えられます。

これらの原因で発生する腐食や変色は製品保証外となります。

アルマイト処理されたリムの注意点

タイヤワックスやメッキクリーナーなどがリムの表面に付着したまま、走行して温度が高くなる状態が続くことで表面にシミや変色、くすみが発生します。この状態を放置しておくと修復不可能になります。綺麗に長く保つには日頃の水洗いをし、十分に水分を取ることをおすすめします。

「アルマイト皮膜」の膜厚は通常数ミクロン程度の非常に薄い皮膜ですので、日常の「水洗い」を主とした手入れを怠ると、「シミ」「クスミ」「白っぽくなった」などの腐食や変色が発生する可能性があります。 一度変色してしまうと、再生は不可能です。

GO TOP